児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童精神科医として思うこと】こども時代重点計画,実施中?

10月もいつの間にか後半に突入していますが…,

来月の講演準備が全然思うように進んでいなくて焦り始めた今日この頃。


講演や研修の予定は来月4件決定,1件調整中。

それなりに計画的に準備を進めていたはずなのですが,予定どおりに進まなかったのは,そのなかのひとつに力が入りすぎてしまっているから。


自分でも気付いているのですけど,どうしても手を抜けないのです。

それは,「発達障害を視野に入れた子育て支援」がテーマの講演。


今の病院に籍を置き,成人と未成年をほぼ半分ずつくらいの割合で診察させていただきながら感じるのは,こども時代のサポートがいかに大切かということ。

もちろん「仮定の話」をしても過去に戻れないことはわかっているけれど,もしもこの患者さんにもう少し早く支援を始めることができていたらこんなに自己否定せずに過ごせていたんじゃないのかな…とか,もしもこの患者さんが持って生まれた特性がうまく理解されていたらこれほどご両親との関係がこじれずに済んだんじゃないのかな…とか,ついつい考えてしまいます。

おとなになってからの医療や支援ももちろん大切だけど,こども時代の医療や支援ももっともっと重要視されたっていいよね。

こどもたちとも関わるチャンスのある支援者のみなさんに,「みんなでもっとこども時代に目を向けましょう!」ってどうしても伝えたくて。


…あ,もちろんほかの講演でも,お伝えしたい大事なメッセージはありますけどね。


さぁ,もうちょっとがんばろう,っと。
スポンサーサイト

*Comment

子どもも大人も大切

私は10歳で強迫性障害を発症しました。
自身の病識と知識が乏しく、初診は20歳のときでした。
子どもの頃にきちんと医療を受けられたら、と思う一方で大人になってしまった患者への医療も重要だと思います。
他のエントリーで小児患者を診療したがらない医師が登場しますね。
私の場合は初診から6年もたって発達障害の疑いが生じた後、発達障害を多く扱う医療機関に初診予約をとろうとしたものの、「18歳以上はお断り」と受け付けられませんでした。
仕方なく他の医療機関に行くと、そこの医師には「大人には発達障害なんて無い」と言われました。

「発達障害」の概念が急速に普及し、成人してから疑われたり診断されたりするケースが多数あります。
現在は子どもの発達障害者・精神障害者もいずれは成人します。

自己肯定感

子どもの時から持てるように支援して欲しいですね~。
  • posted by RAM
  • URL
  • 2009.10/22 23:49分
  • [Edit]

本当に

自己肯定感こそがおとなになってからいちばん本人を支えてくれるものだと私は思っています。
自己肯定感をもてるような支援を心掛けたいです!
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.10/24 00:39分
  • [Edit]

追記

度々すみません、先ほどのコメントを編集しようとしましたが、うまくいかないので追記です。

成人の統合失調症や気分障害、不安障害を診療する医師はそれなりに数はいると思います。
しかし成人の発達障害者を診療する医師はごく稀です。
小児期に発達障害と診断された人は、どこでフォローされているのか不思議です。

> にゃんさん

成人の発達障害への支援の必要性については誰もが感じているものの,まだなかなかニーズに追いつかないのが現状です。

厚生労働省も今年度は成人を重点的に,と打ち出していますね。本当にまだまだこれからの領域だと思います。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.07/23 01:37分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。