児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お父さん,お母さんへ】ひとりで歯を食いしばって…

本日のつぶやき。


ひとりで歯を食いしばって腕を突っ張るより,誰かと力を合わせてふんわり押してみる。
ほら,このほうがずいぶん簡単,楽々じゃない?


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



さて,先日の記事のつづきです。
なるべく一話完結にしようと思っているのですが,今回はちょっと特別編ということで…。

今日は,こどもさんを特別支援学級に入れたい,と思っていらっしゃるお母さんへお伝えしたいことを書いてみますね。

お母さんが特別支援学級をこどもさんに利用させたいと思っているのに学校の先生方がO.K.を出さない場合の多くは,こどもさんが“いわゆる”(あまりこのことばを使わないように,という動きもありますが,あえて…)軽度発達障害なのだろうと思います。

知的な遅れは目立たないにもかかわらず,発達の偏りからくる学校生活上の難しさがある,というこどもさんたち。

こどもさんの特性を理解しようとがんばっておられるお母さんほど,こどもさんが抱える本当の難しさがわかるし,だからこそ40人近い集団のなかで我が子がどんなに不安で過ごしにくく感じているかがしっかり汲み取れていて。

もちろん,こどもさんに特別な配慮が受けられるに越したことはありません。
むしろ特別な配慮があってこそ,こどもさんは安心して元気に学校生活を送れるというもの。

ただ,学校の先生方を対象とした研修会などで先生方のお話を伺うと,本当に大変な状況のよう。

もともと人員的にも余裕がなく(特に最近はうつ病などで休職する先生も多いですしね…),予算も潤沢なわけでもなく,いろいろなことをギリギリで回しているところへ,特別支援教育に関する研修会を開くとか別支援コーディネーターを置くとかいった新しい課題が次々ふりかかってきている…。

発達障害のことや特別支援教育に対して熱意のある先生ほど,こどもたちに提供したいと思っていることと現状でがんばれることとのあいだのギャップに苦しんでいらっしゃるご様子です。

こどもたちみんなに配慮してあげたい,でも限られた人手とお金ですべきこととなると,まずは○○くんのこと,それから△△さんのこと…。

そうやって現実的に考えてみると,知的な遅れの軽微なこどもさんはどうしても「通常学級でがんばってもらおうかな」ということになってしまうのだろうと思います。実際,通常学級で対応可能なケースもたくさんあると思います。

ここで「どうしても特別支援学級に入れていただかないとイヤです!」ってお母さんが粘ってしまうと,先生のせっかくの意欲を挫いてしまうことになりかねない,と私は心配になってしまうのです。

たとえばこんな伝えかたはどうでしょう?

「先生がうちの子のことを通常学級でがんばれる子だと評価してくださったことはとっても嬉しいです。親としてもがんばらせたいけれど,今受診している××先生にもこういう苦手さとああいう苦手さがあると指摘されていて,それは家で過ごしていてもこんな部分やあんな部分で感じられます。だから,通常学級のなかでこういう場面のときにはこんなふうに,ああいう場面のときにはあんなふうに配慮いただけたら嬉しいんですけど…私の説明でうまく伝わらないようでしたら,主治医の××先生が『学校とぜひ連携させていただきたい』っておっしゃっていたので,××先生からお電話があると思いますから,そのとき詳しく聞いてみていただけますか?」って。

先生方のいっぱいいっぱいさをねぎらい,感謝して,でもうちの子の苦手さには最低限サポートしてほしい。それは主治医からの願いでもある。

そんなふうに具体的に言われたら,きっと学校の先生にも「それならできる範囲でがんばってみよう」って思っていただきやすいのでは…と思います。

主治医も上手に巻き込んで,「お母さんひとりのわがままだクレームだ」って誤解されないようにするのもコツかもしれません。

大抵の児童精神科医は,学校との連携をとても大切に考えていると思いますよ。


お母さんひとりで抱え込まずに,どうか上手に私たちも利用して,こどもさんの,そしてお母さんの心配事も減らせる形で学校生活を送れるよう学校にはたらきかけていきましょう!

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。