児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こどもの育ちを支えるあなたへ】ちいさなこどもたちにかかわるお仕事は,…

本日のつぶやき。


ちいさなこどもたちにかかわるお仕事は,本当に大切!
だって,今のこの出会いがその子のこれからの人生を大きく変えるかもしれないから。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



今日は講演のため出張していました。
テーマは「虐待予防のためのこどもの発達障害支援」。

とってもお話ししたいネタだったので依頼をいただいてすごく嬉しくて。
…はりきってたくさんパワポ資料を作りすぎて,ちょっと駆け足になってしまいましたが(苦笑),お伝えしたいことは存分に喋ってきたのでよかったな,と思っています。

発達障害をもつこどもたちを虐待から守るためには,親御さん,特にお母さんの負担を減らすことが必要。
発達障害のわかりにくさが周囲の誤解を生みやすいので(やる気のないわがままな子,躾ができない甘やかしすぎの親…など),親子ともに苦しくなってしまいやすい。
産後うつに苦しむお母さんへの支援も大切。
こどもたちについては,支援者がはやく発達障害特性に気付いて育てにくさ・育ちにくさへサポートする必要があるけど,それは誰彼かまわず発達障害の診断をつけまくろう! ということではない。
困って苦しくなったお母さんが助けを求めやすくなる態勢づくり,多職種で複合的に支えるネットワークの構築,家族内でもお母さんを支えられるような環境調整 などを意識する。

そんなことをお話ししてきました。


思春期・青年期のこどもたちとお会いすると,やっぱり幼少期の育ちはとても大事なんだなぁ…と実感することがとても多いのです。

私自身は今は乳幼児期のこどもたちと会える機会はほとんどないけれど,周産期母子保健や乳幼児健診などで早期からお母さんと赤ちゃんにかかわる機会の多い職種のかたにはぜひ「この出会いが支援開始のきっかけになるかも知れない!」という使命感をもってかかわっていただけたら嬉しいなぁ。だって,そのこどもの人生の最初の分かれ道になるかも知れない,大切な出会いですから,ね♪
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

自己肯定感って大事なんだと感じる毎日です。
でも自分が自己肯定感が持てるように育てられていないので、まず自分自身を認めるところから始めています。
育てにくさ・育ちにくさがあるご家庭はますます、持ちにくいんでしょうね。
私もぜひ、支援したいです。
  • posted by 森戸やすみ
  • URL
  • 2009.11/13 10:51分
  • [Edit]

診断をつけること

 私も、よく学校の先生方の講演にでかけます。だいたい、近隣の高校は一通りすませました。
 発達障害の診断を何でもかんでも、医師がつけてくる・・なんて感じている人もいますよね。もちろん、診断をつける側は、何でもかんでもでは無くって、生育歴やいろいろな情報から自信を持ってつけてはいますが。
 先生方には、診断をつける、その可能性を疑うことによって、親御さんや先生方が、ちょっと関わり方を工夫することによって、どれだけ、本人や学校が変わっていったかというような話に持って行っています。
 やはり、学校の先生の関わりによって、その子の将来も随分と変わってきますよね。
  • posted by papamama0117
  • URL
  • 2009.11/14 10:31分
  • [Edit]

> 森戸やすみさん

コメントありがとうございます。

森戸さんが自己肯定感をもてていないと感じていらっしゃることにちょっと驚きました。
もちろん生育環境のことを詳しく知っているわけではないのですが,もしも過去におつらいことがあったのだとしたら,きっと本当に上手に切り抜けてこられたんだなぁ…と感じます。
それくらい私からみて森戸さんはステキな方なので…。

お互いちょっと違った角度から,こどもたちの育ちを支えていきたいですね♪
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.11/15 00:30分
  • [Edit]

> papamama0117先生

私もどうすれば診断を肯定的に受け取っていただけるように(少なくともマイナスに受け取られないように)お伝えできるかな,といつもあたまを悩ませます。特性を周囲に知ってもらうことで,そして自分自身でも特性を知っておくことで,自分にとって過ごしやすい,自身を持って行動しやすい,そんなメリットを感じていただけるのがいちばんですよね!
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.11/15 00:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。