児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がんばっているキミへ】 診断がつくことはゴールじゃなくてスタート地点。…

本日のつぶやき。


診断がつくことはゴールじゃなくてスタート地点。まずはスタートラインに立ててよかったね。
ここからの道のりは大変かもしれないけど,サポーターと一緒にゆっくり楽しみながら進んでいこう!


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



今日は久しぶりに成人アスペルガー症候群の患者さんに告知をさせていただきました。

久しぶり,というのは,基本的に成人の発達障害の方には診断名をはっきりお伝えするかたちではご説明しないことにしているからです。


今日来てくださった患者さんは,29歳。

ご本人は今就労はできていないけれど,ご両親と一緒に穏やかな日常生活を送っておられて,しかもお母さんが積極的に幼少期のお話を聞かせてくださるのみならず,診察のたびにお父さんも仕事を休んで同席してくださるというステキなご家族です。

それでも,何か診断がつくのなら教えてほしいとおっしゃるご本人・ご家族に「診断がつくことに大きな意味があるわけじゃなくて,ご本人のことをご家族が知って,あるいはご本人自身がご自分のことを知って,今後過ごしやすくするにはどんな工夫ができるのかを考えるヒントとして役立てていただくのが目的なら…」と念押しさせていただいてから(ホントにしつこいですが,これは絶対にはずせないポイントだと思っています),認知機能検査や生育歴・発達歴聴取をさせていただきました。

アスペルガー症候群だとはっきりしたことでガッカリしてほしくないし,「それでもやりようはある」と感じていただきたいので,エピソードをひとつひとつ取り上げたり左利きの例を使ったりしながらできるだけ具体的にお話をするよう心掛けました。

結局40分ほどしゃべり続けて,その間カルテには1文字も記載できなかったけれど,ご本人もご家族も頷いたり「そういえばこんなことも…」とさらにお話を広げたりしながら真剣に聞いてくださったし,私がお伝えしいことがしっかり届いてる,響いてるなぁ…という感じでお話しできたからよかったかな,と思っています。

でも,これはまだほんのスタート地点。

ここからひとつずつ小さな変化を起こしながら,徐々に自信を取り戻していただきながら,社会とのつながりをまた作っていく…それはとても気の長い道のり。

それでも,ご本人が感じるつらさやしんどさに共感し,ご本人のよさやがんばりを理解し,寄り添おうとするひとたち(もちろんご両親,そして私もそのひとりでありたい!)がいるのだということを感じながら一歩一歩前進していただけたらいいな,と思っています。

医師による治療というよりも,私もご家族に混ぜていただいて四人五脚で,そしてもっともっと共に歩むサポーターを増やしながらみんなで進んでいけたら嬉しいな。

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

NINAさんのブログには私なんかは聞いたこともない
難しい症例の名前が出てきます。
そして、これだけの数の人達が、精神的な病(っていってもいいのかも、躊躇しちゃいますが・・)
でいらっしゃるんですね。
全く、知らなかった世界でした。
いつも、同じことでなんですが、
そういう方たちにとって、NINAさんのようなお医者様は
本当に必要不可欠だとこれまた、毎度感じることです。
  • posted by powaro
  • URL
  • 2009.12/12 00:14分
  • [Edit]

同時に走るとしんどいかも・・・

SOSを出したら、すぐに駆けつけてくれるだけでいいかも・・・私の場合
  • posted by RAM
  • URL
  • 2009.12/13 00:04分
  • [Edit]

そうですよね…

たしかに,普通に生活していたらあまり馴染みのない診断名がたくさん出ているかも…すみません。
ものすごい本音を言えば,診断名なんてどうでもいいと思っていて…病院のスタッフなどとと話を共有するときの“記号”として使うには便利ですけどね。
大事なことは目の前の患者さんがに困っていて,どうなりたいと思っているか…ということだと思っています。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.12/14 08:27分
  • [Edit]

なるほど…> RAMさん

それはそうかもしれませんね。
ご自分のことがよくわかってこられてる患者さんなら,SOSのときだけチームで結集!というのがいいと私も思います。
でもはじめのうちは歩いたり走ったりするのがキライになってしまうのももったいないので,安全に,安心して進んでいただけたら嬉しいな,と…。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.12/14 08:32分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。