児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【もっと元気に,もっとHAPPYに♪】 イライラしても,怒ってみても,…

本日のつぶやき。


イライラしても,怒ってみても,何も変わらない。
じゃあどうすればイライラや怒りを防げるのかを考えてみよう♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



この頃ちょっと困っていること。

それは,ほかの病院やクリニックの先生から「NINA先生のところを受診すれば発達障害診断が受けられるから行きなさい」と患者さんを紹介してこられること。

たとえその患者さんが成人であっても,患者さんやご家族が発達障害診断を特に望んでいらっしゃらないとしても,です,

ときには,「△△先生がうちの子のことを自閉症っぽいと言うんですけど,じゃあどうしたらいいんですかって聞いたら『うちでは診られない,NINA先生のところに通いなさい』って言われました」と半泣きのお母さんが訪ねてこられることもあります。

何なんだ,その説明は?!って言いたくなっちゃいます。


私は別に発達障害の専門医でも何でもないし,ただ自分が発達障害のこどもさん(ときには成人の患者さん)を診させていただくのであればできることならご自分の個性・特性をポジティブで大切なものとして受け取ってほしいと思って診療にあたっているだけ。

だって,一生つきあっていく「自分らしさ」なんですもんね。


決してどんな患者さんにも積極的に発達障害診断をしようと考えているわけではないし,ましてや初対面で相手のニーズもわからないのに「ハイ,検査しましょう」「ハイ,あなたアスペルガー症候群です」ってアセスメントに持ち込んで診断を確定・告知するのがよいことだなんてちっとも思っていません。

診断を伝える役割をとらせていただくご縁があった以上は,丁寧にお伝えしたいだけなのです。


多くの精神科医の先生たちは,まだ発達障害というものの概念に苦手意識を抱いているのかもしれないし(もちろん私だって全然得意とはしていませんが),どういうふうに取り扱っていいのかがきちんと定まっていないのかもしれません。

とりあえず今のところ私はこんなふうに発達障害の診断告知について考えていて,実際にこんなかたちで取り組んでいますよ?,発達障害の診断のありかたについてみんなで考えていきましょうよ!ってどこかで問題提起させていただけたらいいのかも…なんて考えているところです。

とても難しいけれど,大切なテーマですよね。みんなで取り組んでいけたらいいな。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。