児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がんばっているキミへ】 黙っておく,知られずにいるメリットも…

本日のつぶやき。


黙っておく,知られずにいるメリットもあるかもしれないけれど,
知ってもらう,知らせていくメリットがある社会はもっといいかもね♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



恥ずかしながらごく最近になって,ひょんなことから「認知症サポーター」というものの存在を知りました。

厚生労働省が推進する,「認知症について正しく理解し,認知症の人に対する接し方を学んだ人が,生活のさまざまな場面で,認知症の人およびその家族をサポートする制度」とのこと。

認知症サポーター養成講座」を受講すると,認知症サポーターの証としてオレンジリングと呼ばれるブレスレッドが授与されるのだそう。そして,認知症サポーターは各自のできる範囲で認知症の人を支援していくことになります…たとえば身の回りの認知症のひとにちょっと手を貸してあげたり,認知症に関する知識を周囲のひとに伝えていったり…。

2005年から始まったこの事業ですが,なんと今では認知症サポーターは全国にすでに120万人もいるのだそう!!


この話を聞いて思ったこと。

が主導になって,「自閉症スペクトラムサポーター」制度を始めてくれたりしないかしら…ということ。

自閉症ということばはまだまだたくさんの誤解を含んで受け取られていることが多いように感じます。

「心を閉ざして,自分の殻に閉じこもっている」だとか,「親の愛情不足のせい」だとか。

そして,10年ほど前の(いわゆる古典的な)自閉症のイメージと,昨今言われる自閉症スペクトラムの概念ともまた全然違ってきています。

もっと広くたくさんのひとに自閉症スペクトラムのよさを知ってもらって,苦手な部分もわかってもらって,気軽に手助けを求めたり手を貸してもらえたりできるような社会になったらどんなにいいだろう…!!

こんな妄想をあたまのなかで広げずにいられませんでした。実現するといいなぁ…まずは地域のなかだけでも!?


スポンサーサイト

*Comment

一歩踏み出す勇気が・・・

好奇の視線で見られるのが、何ともねぇ・・・と思いつつ、発言しなければ伝わらないと言い聞かせつつですね(個人的に)
  • posted by RAM
  • URL
  • 2009.12/19 00:01分
  • [Edit]

是非!

NINAさんが手をあげて、推進するっていうのは
どうですか?
やっぱり、理解している方が始めないと・・。
認知症サポーター、私も初めてその存在を知りました。
もっと、そういう大事な事はPRしないと・・・といつも感じます。
NINAさんガンバッテ!!
  • posted by powaro
  • URL
  • 2009.12/19 11:34分
  • [Edit]

> RAMさん

そうですよね。
広く知ってもらうことが偏見に満ちた好奇の目を増やすようではいけないと思います。

でも,結局は多くのひとに正しくわかっててもらうことが誤った興味を抱かれなくなる最もよい方法なのかも…という思いもあったりします。

難しいところですね。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.12/21 16:55分
  • [Edit]

> powaroさん

ううむ,おっしゃるとおり…。
私が何かアクションを起こすという選択肢ももちろんありますね。

…そのためには何故私が手を上げるのか,という部分に説得力を持たせるだけの実績を私自身があげていかないといけないなぁ…がんばってみようかしらん。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.12/21 16:57分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。