児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【もっと元気に,もっとHAPPYに♪】 ちょっと信じられないような話でも,…

本日のつぶやき。


ちょっと信じられないような話でも,とっても自分のアンテナにひっかかるのなら
最初から切り捨てずにちょっと信じてみてもいいかもね♪
…ただし,自分に不利益の及ばない範囲で,ね!


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



週末ということで,児童精神科とは直接関係なさそうな話題ですがご容赦くださいね。

twitterでもつぶやきましたが,今「湿潤療法」というものにチャレンジしています。

湿潤療法とは,擦り傷をイソジンやマキロンなどで消毒したりガーゼで覆ったりしないで,ただラップで覆うのみで治していく方法。

ちょっとチェックしてみたらwikiにも掲載されていました。


私自身は,老人の患者さんが多く入院しておられる精神科の病院で「褥瘡の新しい治療法は,サ○ンラップで巻くんですよ?」と看護師さんから聞いたのがきっかけで知りました。もう何年も前のこと。

そのときはとっても驚いたのですが,それから何年も大きな傷を作ることもなく過ごしていたので,ずっと忘れたままになっていました。

それが先日,ちょっと派手に転んで膝に幅6cm×高さ4cmくらいの大きな擦り傷を作ってしまったのをきっかけに,ふとラップで傷を治すという話を思い出したのです。


やりかたはごくごく簡単。

(1) 傷を水洗いして,砂や汚れなどを流す。
(2) 台所にあるラップを適当な大きさに切って傷の部分をすっぽり覆う
(3) ラップの4辺を絆創膏で止める(密閉するほど厳密に貼らなくてO.K.)

あとは毎日お風呂に入るたびにこの3つを繰り返すだけ。言葉だけの説明だとちょっとイメージしにくいかも知れないので,インチキくさい絵も描いてみました。

湿潤療法

消毒をしないのは,菌のいない状態を作らなくても傷は治っていくものだし(口の中だってそうですよね!),むしろ消毒することで傷口あたりの自分自身の身体の細胞へのダメージが大きいから(だからあんなに消毒って滲みるんですね!)。

そしてガーゼで覆わないのは,せっかく傷を治すために自分の身体から傷口に向かった成分(免疫系の細胞とか血小板とか)を傷口にしっかり留まらせておきたいし,そんな大事な成分をガーゼで吸収してしまうのはもったいないから。
…それに,カピカピになったガーゼを傷口からはがすのってすごく痛いですもんね。

とにかく,怪我をしたひとの自己治癒力が最大限に発揮できるような工夫が盛りだくさん。

もしも湿潤療法が必要になりそうな怪我をしたときには,ぜひ挑戦してみてくださいね♪ まさに“百聞は一見にしかず”そのものですから!
…ただし,怪我のタイプや状態など見極めは必要です。


さて,…この話に続く話題(ちゃんと続きますよ?)は,また後日♪

スポンサーサイト

*Comment

やってみようかなぁ~

ASDの息子には、興味がわくでしょうね^^
私の子どもの頃は、保健室で赤チンでした~(あ”、歳がバレてしまいそう)
  • posted by RAM
  • URL
  • 2010.01/17 20:01分
  • [Edit]

NoTitle

継続的に処置をすることができない学校の保健室では、なかなかできない療法なんですが、顔の擦り傷などで傷跡を残したくない生徒には「ちょっと高いけどバ○ドエイドキズパワーパットを買ってもらって家で処置してもらって」と勧めることはあります。
私自身が試したのは寝たきりになった愛犬の褥瘡でした。軟膏を塗ったうえでラップで巻いてました。獣医さんにびっくりされましたが、治りましたよ!
  • posted by ubachan
  • URL
  • 2010.01/17 22:51分
  • [Edit]

> RAMさん

ラップを通して傷が常に覗けるというのも確かに楽しいんですよ,大のおとなの私でも。

そうそう,赤チンってなつかしい♪ 私もこどもの頃塗ってましたよ~。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.01/18 00:20分
  • [Edit]

> ubachanさん

私も一度傷パワーパッド使ってみたかったんですが,何しろ面積大きくて,3枚980円とかいってちょっと試す気になれませんでした。今ではラップで十分じゃん!って心から思います♪

犬さんはラップを巻く意義をわかってくれたんでしょうか…普通に消毒とかをするよりも痛みは少ないかも知れませんけど,身体にラップがまとわりついて鬱陶しそうですよねぇ…。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.01/18 00:30分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。