児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自閉症スペクトラム(?)】アルバイトの青年と,店長さん。

昨日の記事を書いていて,ふと思い出したことがありました。
自閉症スペクトラムという診断のことはさておき,私の診察室へ以前通ってくださっていたある患者さんからお聞きした話です。


その患者さんは,当時コンビニの店長さんをしておられました。
通院のきっかけになったのはお仕事に関することではなかったのですが,あるときたまたまコンビニでのお仕事の話になったのです。

アルバイトの青年のなかに,どうしても仕事をうまく覚えることができないひとがいたのだそう。
何度説明しても,その場では「わかりました」と言うのに全然わかっていなかったり,真面目にやっているように見えるのにとても仕事が遅かったり…といったことがよくある,とおっしゃって。


なるほど,それは大変そう。
とてもストレスに感じるんじゃないですか? とお聞きしたら,こんなふうに答えてくださいました。

「以前は,シフトを組みながらそのひとと誰と一緒に仕事をさせようかと悩んでイライラしたり,実際に店で注意しながら腹が立ったりしていました。でも,あるときふと考え方を変えてみたんです。『どんなふうに伝えればそのひとは仕事の中身を覚えやすいのかな』とか,『そのひとの得意な業務は何だろう』とか。そこからはあまり悩まなくなりました」と。


具体的には,たとえば陳列棚の様子を写真に撮って「こんなふうに左から○○を,上から××を並べてください」と説明しながら渡したり,何かの業務に行き詰まっている様子が見られたら「今日は私がここを代わりにやるので,あなたは◇◇をやってもらえますか」とそのひとの得意な◇◇の仕事のほうへ回ってもらうとか,そんなことを試してみたのだそうです。

すべてが思いどおりにいったわけではないけれど,ずいぶん悩みは減ったとのことでした。

「一生懸命やってもどうしてもうまくいかないことがあるとか,能力みたいなものはひとそれぞれだな,と思ったんです。自分も苦手なことがあるよなぁ,と思ったりもして。だから怒るのをやめて,そのひとの能力のなかでがんばってもらうこととか,そのひとの苦手なところは他のひとの力を借りて,逆にそのひとの得意なところを活かしてもらうことで他のひとの負担を減らすこととか,そんなふうに考えるようにしてみたんです」と教えてくださいました。


もちろん,全部が全部そんなふうにうまくいくわけではないと思います。
でも,その患者さんがアルバイトの青年に対して「そのひとの能力のなかでがんばってもらえばいい」という柔軟で寛大な考えかたをしていらっしゃることがとても嬉しかったし,そういうかたちで自分以外のひとに寛大に接することと,患者さんが自分自身を優しい目線でみることができるようになっていったことともつながっているのかな,なんて今になってふと感じたのでした。


どんなことでも「○○でなくてはならない」「△△であるべきだ」と決めつけるような見方をすると,自分も相手も苦しくなってしまいますよね。

厳しくて忙しくて,生きていくのが大変なこの現代社会。
誰もが余裕を失いやすくて,そんなときには自分にも相手にも狭い準拠枠を無理やりあてはめてしまいそうになるけれど,お互いに余裕をもってコミュニケーションがとれるような環境を作ることができれば,もっとみんなが過ごしやすくなるのかもしれません。

そのために,私にはどんなことができるだろう…。
お会いすることのできた目の前の患者さんたちと一緒に,これからもいろいろな工夫を考えさせていただきたいな,と思います。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

はじめまして、私は発達障害の当事者です。今は理系の大学で勉強しています。私の場合、マルチタスクで動くことが苦手で、「こういうことをするな」と頭ごなしに言われると、私としては「何がいけなかったのか」などがわからず混乱してしまいます。しかし、反対に「こうしたほうがいい」との指摘がありますと、比較的スムーズに動くことができます。「人には違いがあるから、その人に合った方法で」というアプローチは大切だと思います。今は社会情勢が複雑ですから、そう簡単に上手くはいかないかもしれませんが、コンビニの
店長さんのような対応をしていただけると非常に助かります。
  • posted by 北の休学生
  • URL
  • 2009.07/14 03:09分
  • [Edit]

はじめまして。

北の休学生さん,はじめまして。コメントありがとうございます。

ここに書いたコンビニのアルバイトさんには一度もお会いしたことはないので,自閉症スペクトラムにあてはまる方かどうかもよくわからないのですが,店長さんの優しくてこまやかな対応は本当にステキだと思いました。
自閉症スペクトラムであってもなくても,そのひと自身のありのままを尊重してもらうことってすごく大切ですよね。もちろん自閉症スペクトラムをもつかたたちに対してはより配慮が必要だと思っています。

この店長さんのような心意気をもった雇い主さんが増えてくださるといいなぁ…って思います。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.07/14 23:12分
  • [Edit]

こんな上司が欲しい

人それぞれの得手不得手を考慮して指導方法や人員配置を工夫してくれる上司の元でぜひ働きたいです。
現実にはアルバイト従業員にここまでしてくれる人はまれでしょうが。
障害があろうがなかろうが、こういう上司が増えると随分働きやすくなると思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。