児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【もっと元気に,もっとHAPPYに♪】 誰にだって,向き・不向きがあるよね。…


本日のつぶやき。


誰にだって,向き・不向きがあるよね。
そのひとらしさを活かす方法,そのひとの苦手さを露呈させない方法をしっかり考えたいな。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



最近,何人かの発達障害をもつ青年の患者さんをハローワーク障害者職業センターへおつなぎしたなかで感じていることがあります。

それは・・・介護の仕事って,そんなに簡単じゃないですよね? ということ。


うちの病院で知能・発達検査ではきちんと評価して,患者さんとご家族の許可を得てその結果も所見と一緒にお伝えした上で「この患者さんに合う就労先を…」とお願いするのですが,どういうわけかどの患者さんも「介護の仕事がいいと思うので,まずヘルパー2級をとりましょう」と言われて戻ってこられます。

たとえ意見書に「対人の仕事は難しいと思われる」とか「業務内容が一定の,自分のペースで行える製造業での経験はある」とか意見書に書いていても。


私が紹介した患者さんのなかには,就学前の我が子の育児がままならなくて実家の支援を受けているお母さんもいらっしゃいます。

このお母さん,こどもが泣いている理由を見つけ出せなかったり,こどもが自分の言うことを聞かないとつい手が出てしまうことがあったり。

つまり、こどもからのサインを読み取って,その要求に応えてあげることが苦手なんですね。


介護の仕事だって似たようなところがたくさんあるんじゃないの? と思うのです。

たとえば、お年寄りの要求を読み取って,お年寄りがご自分でできないところをフォローすること。

どのお年寄りも、段取りよくご自分の要望を伝えてくださるわけではないですよね。


せっかく主治医として意見書を書かせていただいているのに,こんなにも毎回「介護職」「介護職」と言われると,悲しい気持ちになってしまいます。

百歩譲って介護の資格をとることには賛成するとしても,介護の道での就労がうまくいかなかったらどうしてくださるおつもりなんだろう?


ううむ,まだ私の中で納得ができないケースがたくさん。もう一度しっかりこちらのアセスメントと思いを伝えてみたいと思います。



スポンサーサイト

*Comment

露呈?

苦手さを露呈させないのは、ある程度はできるでしょうけどね・・・。
得意なことで補っていけば、苦手さを出しても大丈夫なこともあるかも・・・。
ヘルパーには知り合いがいませんが、ドクターになった仲間はおりますデス。
  • posted by RAM
  • URL
  • 2010.02/18 23:12分
  • [Edit]

> RAMさん

医師には,じつはたくさん自閉症スペクトラム特性をもつ人がいますよね。

ある意味医師は「専門家」なので,患者さんとのコミュニケーションがたとえ上手じゃないとしても,たとえば「無愛想だけど腕は確かな先生」とか言われて慕われていたりすることもあります。誤解を恐れずに言えば,診断技術・治療技術に長けていればやっていける部分があるというか。開業医ならその医師のことを知り尽くしたベテラン看護師が阿吽の呼吸でフォローしたりもしてくれるでしょうし。

でも,ヘルパーさんはそうはいかないと思うのです。
ひとりでお年寄りの家へ訪ねていって,言外にお年寄りの体調の変化を察したり,話し相手になったり,その日しなくてはならないことを汲み取りながらすべての用事を時間内にこなしたりする力が求められる…それも誰のフォローもなしに,です。

そんなわけで,よほど周囲の配慮に恵まれた職場でなければ,ヘルパーさんのほうが医師よりもずっと臨機応変さを求められて,自閉症スペクトラム特性をもつ方には働きにくいだろうと私は思っています。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.02/19 00:42分
  • [Edit]

久しぶりに・・・

NINAさんのブログ、久しぶりに読んでない分を全部読ませていただきました。
ここ1週間、ちょっとショックなことがあって、それでもちょうど、学生の卒業最終審査などで忙しく・・・
久しぶりに自分の心内を無理にコントロールする必要に迫られました。
で、今日・・・ひと通りすんで、ちょっと時間的に空いたんですね。
なんていうんだろ・・・どうしようもなく、体が重いんです。
体というより心なのかもしれませんが・・。
でも、NINAさんの優しい言葉で書かれたブログを読んでて、少し軽くなった気がします。
ありがとうございました。
人間、いくつになっても、つまづきますが、それでこそ人間っていうものだと・・・つくづく感じてます。
まだまだ、私も若いな・・・。
  • posted by powaro
  • URL
  • 2010.02/19 21:46分
  • [Edit]

> powaroさん

コメントありがとうございます。

健康なひとでも,ふとしたきっかけで心や身体が重くだるくなることってありますよね。
かく言う私もよくあります…きっとみんなあるはず。
人生にはそういうアクシデントも“込み”なんだ,って思っちゃうほうが楽かもしれませんね。イヤなこと,つらいことは必ず起こるし,振り返って次に活かせることさえ拾っちゃえばあとは長く引き摺るのはもったいない。

朱美さん最近お疲れ気味だったし,体調のことも心配でした…学校のこととか忙しさが落ち着いたらちょっとゆっくり自分を休ませてあげてくださいね♪ 毎日お疲れさまです!
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.02/20 01:05分
  • [Edit]

はじめまして。
お邪魔します。

製造業不況ですからねぇ。介護分野の人手不足は深刻ですから、ちょっとでも可能性があればそこに当てはめたいという思惑もあるんじゃないかなと。
こちらは、製造業の求人は壊滅的なんですよ。小売りや運輸ならなんとかなんですが。
  • posted by ウノゴン
  • URL
  • 2010.02/20 10:02分
  • [Edit]

> ウノゴンさん

はじめまして! コメントありがとうございます。
就労支援の記事(http://pedopsy.blog66.fc2.com/blog-entry-228.html)へコメントいただいたんですね。

圧倒的に介護業界が人手不足なのは私も感じるのですが,介護職を勧められた私の患者さんは,その時点で食品加工の仕事や清掃の仕事で求人があったにも関らずわざわざ「介護の資格を」とあちらからご提案があったので不思議でたまらなかったのです。

景気がよくなって,いろんな求人が出るような世の中に早く戻ってくれたいいなぁ…と思います。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.02/20 13:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。