児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童精神科医になるには】 弱みと思っていたことが,逆に強みとして…


本日のつぶやき(私の「素」のつぶやきですが…)。


弱みと思っていたことが,逆に強みとして活かせることもある。
不満ばかり言って落ち込むなんてもったいないね!


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+




児童精神科医を名乗りながらも,一般精神科診療をすることを期待されているはずのポストでおとなの患者さんと合わせてこどもの患者さんも診させていただいている現在。

児童精神科の専門機関に勤務しているわけではないから,本当に細々と(看板も出さずに)診させていただくことしかできないのですが,専門機関ではないことが逆にメリットなのかも,と感じることがあります。


ひとつは,予約待ちの期間が長くないこと。

児童精神科の専門機関は最近ではどこも予約してから受診までの期間が数ヶ月,ときには半年以上かかったりするものですが,私のところには幸か不幸かこどもの患者さんが殺到するわけではないので予約待ちの期間はほぼゼロ(笑)。どんなに長くても予約のご連絡をいただいてから1ヵ月以内にはお会いすることができています。

専門機関どうこうなんてことをまったく意識せずにたまたま受診してくださった患者さんや,私がこどもの患者さんを診ることを拒否しない(というよりむしろ診たがっている)と知っている先生方が紹介してくださった患者さんなど,診療を必要としているこどもたちやご家族をそれほど長くお待たせさせることなく診療できることは,専門機関で働いていない強みではあるかな。

やっぱり,いちばん必要なときに医療を提供したいし,それができたら私も嬉しいし。


もうひとつは,あたりまえのことですが成人している患者さんも診療させていただけること。

成人期早期(18?29歳)という年齢層にも最近注目が集まっているようですが,たとえば思春期年齢はなんとか乗り切れたけれど,専門学校や大学進学後に,あるいは社会に出て早い時期に適応が難しくなった…という患者さんが意外と多くいらっしゃったりします。これまで数回記事にした「大学生の不登校」などもこの年齢層にあたりますね。

児童精神科専門機関に勤めてる児童精神科医や,こどもの心の診療に興味がある小児科医ではこの年齢層の患者さんの初診をカバーできないことが多いのです…医師個人が診たいと思っても,施設側の規程でお受けできないということもあったりして。

それに,たとえ初診時年齢が15歳未満,18歳未満であったとしても,児童精神科専門機関や小児科ベースの先生方はある程度の年齢で一般精神科医療につなぐことになるという話もよく聞きます。そして,つなぎ先がなかなか見つからないという悩みもあるようで…。

そう考えると,初診年齢が少々高くても,診療継続するうちに成人を迎える患者さんであっても,必要な期間ゆっくりお付き合いできるという環境はとても恵まれていると言えそうです。


専門機関じゃないことを逆手にとれば,むしろ独自性を出してお仕事できるという面もある…これはなかなか嬉しい気付きです。


あとは,もっともっと自分自身の診療技術を磨くのみ!

ひとりひとりの患者さんとお会いすることがすべて勉強だという自覚を持って,日々の診療に当たっていきたいと思います!


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。