児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こどもの育ちを支えるあなたへ】 伝えにくいけれど,知っていてほしい…


本日のつぶやき。


伝えにくいけれど,知っていてほしい情報がある…。
そんなときは,すべて自力でどうにかする必要はないですよね♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



自閉症スペクトラムをもつ小学校高学年の女の子のお母さんから,よく質問されること…,

それは,生理の始まったこどもさんへの関わりかた。


何故だか私の外来には,小学校の保健体育で性教育を受けるよりも先に初潮を迎える女の子が多くて,お母さんたちは苦労なさっています。


性教育全般に言えることかも知れませんが,おおっぴらに誰にでも尋ねていいことではなくて,でも知らないととっても困ることも多くて。

いわゆる「タブー」とか「恥じらい」の部分も含めながら,こどもさんが困らなくて済むような十分な情報をお母さんおひとりが突然改まってこどもさんに伝えるのはとても難しいことだろうなぁ,と想像します。


これまで私も「お母さんとNINA先生には何を質問してもよい」というかたちで相談に乗らせていただこうとしていたのですが,生理の時期じゃないときに「生理のときに困ること」を思い出して話してもらうのはこれまたとても難しいことだと痛感したりして…。

いろいろ試行錯誤した結果,最近はこのマンガを読むようにオススメするようになりました。


セイリの味方スーパームーン―生理なんでもハンドブック

(amazonにリンクしています)



このマンガはとってもすごいのです。

生理周期のメカニズムから,生理用品を持ち歩くときのカモフラージュ法から,プールのこと,生理痛のことなど,生理に関する悩みに幅広い視点で答えてくれます。

お母さんが一度では伝えきれないことでも,マンガを読めばちゃんと必要な情報にたどり着けるはず。


Twitterともだちの性教育ブログ「Twitter性教育」を見ても感じることですが,自閉症スペクトラム特性をもつこどもたちなど,「暗黙の了解」の「一般常識」をいつの間にか獲得するのが苦手なひとにはぜひ正しいネット情報や正しいマンガの説明などで役に立つ正確な情報を手に入れてもらいたいなぁ…と思います。


もちろん,自閉症スペクトラム特性をもつ・もたないに関わらず,こどもさんが初潮を迎えてどんなふうに説明しようか迷っているすべてのお母さんにまずはぜひ手に取っていただきたい1冊です♪

スポンサーサイト

*Comment

いいですね

いいですね。
日本の女の子は性の事をオープンに話す事はよくないと言われているからこういう本が必要だなと思います。
私の世代にこういうのがあったらよかったかも。

うちの子も含めて自閉症の子は「自分が周りから見たらどう見えているか」の部分が弱いので、プライベートな話を「間違ったタイミング」で言ってしまったり、逆に「聞くべきタイミング」に聞けなかったり大変だと思います。

話はずれますが、アメリカの有名な自閉症のテンプルグランディンさんも、生い立ちの本で書いてます。

思春期に性に関する事をおおっぴらに言い過ぎて、罰せられたというエピソードがありました。

しょうがいがあるないに関わらず、
性はとても健康で自然な事です。
きちんとした理解が進むといいなと思います。
  • posted by M_Mama
  • URL
  • 2010.03/09 05:26分
  • [Edit]

おもしろそう

良い本を教えて頂いてありがとうございます。
長女にそろそろ教えなきゃなと思っていました。
私のためにもなりそうな、面白そうな本ですね。
カートに入れて来ます!
(^-^)

> M_Mamaさん

コメントありがとうございます。
性教育全般とっても大事だと思いますし,特に生理は「将来こどもを生むための準備」と言われてもそんなこと初潮の時期にはあまりピンときませんよね。
気持ち悪い,めんどくさい,鬱陶しい…そんなイメージで生理や生理の始まった自分のことをキライにならないように上手に教えてあげられたらいいなぁと思います。

特にASD特性をもつこどもたちは,周囲の会話からなんとなく情報を得たりするのが苦手なことが多いから,余計な苦労をしなくていいようにおとながきちんと伝えてあげたいですよね。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.03/09 23:42分
  • [Edit]

> 森戸やすみさん

ありがとうございます♪
そうですよね,ponちゃんはそろそろそういう時期かもしれませんね。ぜひこのマンガを使ってあげてください♪

私も,女の子には自分の実感も込めて何とか説明できそうな気がするのですが,男の子にはちゃんと説明できるかなぁ…と今からすでに不安になったりしています(笑)。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.03/09 23:48分
  • [Edit]

中学校の保健室にも置いてます

10年ほど前から小学校4年生の保健で「育ちゆく体とわたし」という単元で思春期の体の発育・発達を扱うようになっています。ただ、学校の教科の保健では具体的な手当の方法などを詳しく扱うわけではありません。このあたりはやはり個人差に応じて家庭での指導になると思います。その際にこういう本を使ってお母さんから娘さんへ教えてあげるのは素敵ですね!
中学校では、かえって「いまさら聞けない」という生徒もいるので保健室にいろんな本や資料をおいて自分で調べてもらうようにしています。
  • posted by ubachan
  • URL
  • 2010.03/10 17:23分
  • [Edit]

> ubachanさん

コメントありがとうございます。
たしかに,学校の授業で教わる性の話題って,わりとあっさりした一般論ですよね。私が小学生のときは5年生の保健体育が初めてだった記憶が…しかも担任は男性教諭だったので,今考えればお気の毒だったなぁ…。
「今さら聞けない」生徒のために中学校に書籍を置いておく,というのはこどもたちへの素晴らしい配慮ですね!
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.03/12 00:24分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。