児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【もっと元気に,もっとHAPPYに♪】 必要なお手伝いを,必要なだけ提供する…


本日のつぶやき。


必要なお手伝いを,必要なだけ提供する…。
たとえそれが年1回のおしゃべりだとしても,お役に立てるならいいよね♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



年度替わりのこの時期,こどもたちも新しい環境に向けて不安になることが多いようです。

そんななか,1本の受診予約電話が入りました。


「ご無沙汰していたんですが,今年もまたお伺いしてもいいですか? 息子がちょっと落ち着かないみたいで…」とお母さん。


そう,この患者さんとお母さんには,毎年4月に1-2回受診するだけというスタイルでここ3年ほどお会いしています。

年度替わりの「いつもと違う居心地の悪さ」が苦手な,自閉症スペクトラム特性をもつ小学生の彼は,春休みに入ると毎年不安でいっぱいになるのです。

そして,普段ならしないような行動…鉛筆を何本も粉々になるまで噛ってみたり,消しゴムを定規で切り刻んでみたり…が出現します。


「また今年も鉛筆をちょっと噛り始めたので…そちらにお邪魔したらきっと安心すると思うんですよね。『何日に行くの?』とか言ってましたし」


彼のなかでは,春休みに私の診察室へ来て昨年度のできごとを振り返りながら報告してくれたり,習い事の話を聴かせてくれたり,4月からの心配事を話してみたりするのが毎年の恒例行事になりつつあるよう。

たったこれだけのことで元気に1年間がんばれるのならぜひ毎年来ていただきたいと思う私。

もちろん,それ以外のときに来ていただいても全然かまわないのですが,特にその必要がないから受診されずに1年過ぎてしまうのです。


診察らしくない変わった会いかただとは思うし,これで診察代金いただいてよいのかしらとふと不安になったりもするのですが…まぁこういう受診もアリなのかな?と思う今日この頃です。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。