児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がんばっているキミへ】 自分のことを自分で正当に認めてあげるには,…


本日のつぶやき。


自分のことを自分で正当に認めてあげるには,
自信」がもてることが必要なんだよね。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



今年度最後のブログは,美男子くんの話。

私の診察室へ通ってくれている男の子たち,みんな相当ハンサムだと私は思っています。

…別に私が自慢するようなことでもないし,ハンサムだから私が嬉しいとかいうわけでもないのですが(笑)。


彼らの持ち味は,爽やかで恥ずかしそうな笑顔と,自閉症スペクトラム特性。

そういえば,アスペルガー症候群の診断の目安に「端整な顔立ち」という項目が含まれていたことがある,とかいう話を大御所の先生からお聴きしたことがありましたが…。


とても感じのよいはにかんだ笑顔を見せながら,彼らは一様に私に言います。

「自分の外見にコンプレックスがあるんです」
「こんな容姿なのが嫌で,人前に出るのが恥ずかしいんです」
「顔を見られて,なんて思われてるんだろうと怖くなります」


彼らは謙遜ではなく,心から自分の容姿は醜いと思っているよう。

私に言わせれば,そんなにカッコイイのに何言ってるの?! という感じなのですが。


おそらく自信のなさや対人不安の理由として「自分の容姿が醜いせいだ」と考えるとしっくりくるのかもしれないし,強迫性や完全主義のあらわれとして「もっと僕はかっこよくなくてはならない」と思っているのかも知れないし。

いずれにしてももったいない話。

少しでもはやく自信を取り戻して,容姿も含めて「ありのままの自分」にO.K.って思いながら過ごせるようになってほしいなぁ…と思いながら関わらせてもらっているところです。


スポンサーサイト

*Comment

納得!

 そういう現象がおきるんですね。実感を伴って納得できる内容です。
 我が家の次男も先日「やったね、すごいね」ということを成し遂げたのですが、「今回はたまたま」「本当は自分はすごく弱くてダメなのにこんなことになって・・」と言っています。「そうだったのね。」とその気持を受け止めているところでした。こういう事なんですね。
 謙遜ではなく本心から「自分は駄目だ」と思っている。それを周囲の先生や友だちが応援の視線でつつんでくださっていることに感謝している日々です。
  • posted by ya-tom
  • URL
  • 2010.04/01 09:05分
  • [Edit]

自信は大事ですね

13歳イケメンのアスペの母です(爆)。
そうなんですよね。

結構人の言う事真に受けて、落ち込んだりしてる事が多いです。

この前も意地悪な子に人前で「Mは不細工」と言われたので「不細工じゃないよ」と言って上げたらケロッとしてたけど…本当はそこが問題ではなかったりして…。

ただでさえ自尊心が危うい思春期です。
親としても、息子が自信をもてる機会をいっぱい作れればいいなと、そればかり考えています。

最近息子もNaokoさんのようなプロフェッショナルが関わってくれるようになりました。
すごくありがたいです。

これからも日本の子達の心のサポートを続けてください。
海の向こうで応援しています。
  • posted by M_Mama(aspie)
  • URL
  • 2010.04/01 09:14分
  • [Edit]

> ya_tomさん

ありがとうございます。
すごくがんばってて,うまくできているのに「自分はダメ」って思っているのも本当にもったいないですね。
「自分では思ってないのかもしれないけど,私から見たら本当にすごいと思うよ」ってまわりから根気よく伝えてあげるしかないけれど…「ひょっとしたらホントにすごいのかな?」って思ってくれたらいいですね♪
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.04/02 08:16分
  • [Edit]

> M_Mama(aspie)さん

コメントありがとうございます。
自分に「絶対の自信」がないと,まわりのことばにすごく影響されてしまったりしますよね。でもお母さんからフォローされたらずいぶん安心されることと思います。

私はまだまだプロフェッショナルと呼ばれるほどのことはできていないのですが,地元のこどもたちから少しでも「安心できるおとな」と思ってもらえるようがんばりたいと思います。

息子さんも専門職のかたとの関わりのなかで,ますますいいかたちで変化・成長されるといいですね☆
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.04/02 08:21分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。