児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こどもの育ちを支えるあなたへ】 第一印象ってやっぱり大切…。


本日のつぶやき。


第一印象ってやっぱり大切…。
いいかたちでスタートを切るためにできること,考えてみたいな。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



4月最初の週末も過ぎ,こどもたちや学生さんにとってはいよいよ新しい環境でのスタート目前ですね。

私自身も学校に通っていた時期には,期待と不安の入り交じった不思議な気持ちで新年度を迎えていました。

新しい先生との出会いもドキドキワクワクするもの…。


あれは私が小学校5年生のときのこと。家庭科の最初の授業のことが今も忘れられません。

当時は5年生から,初めて「家庭科」という科目を教わるカリキュラムになっていました(今もそうかな?)。

担任が男性の先生だったからか,家庭科は教科専門の女性の先生が教えてくださることになっていて,最初の授業の日に自己紹介に続いて先生がこんな板書をされたのです。


「実践」


5年生の私には読めもしなければ,意味もわからないことばでした。

「学校は勉強するところだけど,勉強して知識だけ身につけても意味がない。習ったことを『実践』する,実際に行動してみることが大事。特に家庭科では『実践』が大切。授業で習うだけで終わらないで,家でも積極的に『実践』してこそ意味があるということをみなさんにまず伝えておきたいんです」

自分でも理由はよくわからなかったけれど,こんな話をしてくださる先生をこの一瞬で好きになってしまって,とても興味をもって授業を受けていたことを覚えています。

そして,家庭科に限らず「実践」することの大切さを今もすごく意識して過ごしています。


教科担任のひとことでこんなにも影響を受けた経験のある私としては,新年度に出会う先生が,特に担任の先生がこどもたちをどんなふうに迎えてくださるかということがこどもたちの新生活にどれほど大きな影響を与えるかということを考えずにはいられません。

こどものときは,新しい環境に身を置くとしても,自分自身の力でコンディションを整えたりうまく準備したりするのは難しいもの。

先生方のほんのひとことで,とっても安心できたり,とっても意欲がわいたりするはず…いいかたちで新年度のこどもたちを迎えていただけたらありがたいなぁ,と思っています☆


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。