児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こどもの育ちを支えるあなたへ】 「大丈夫だよ,心配しなくていいよ」と伝える…


本日のつぶやき。


「大丈夫だよ,心配しなくていいよ」と伝えることばや姿勢が,
相手にもたらす安心感は計り知れない…有言実行でいきたいね♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



この春小学校入学したばかりのADHDの男の子がお母さんと一緒に診察室へ来てくれました。

保育園でも先生方に丁寧に関わってもらえていたようで,すごく活発に保育園生活を楽しんでいたのですが,お母さんがずっと「さすがに小学校に上がったら,今のような状態は許されなくなりそうで…」と心配されていたのです。

でも,入学してからも通常学級でなかなか上手に過ごせているよう。


それを聞いて私も嬉しく思っていたところ,お母さんがこんなことを言ってくださいました。


「年度末のうちに調査票には息子の特徴とか受診のこととかいろいろ書いておいたのですが,入学直前に改めて校長先生と直接お話ししてお願いしておきたいな…と思っていたら,学校のほうから連絡をくださったんです。それで小学校に伺ってみたら校長先生が『保育園からも様子は詳しく聞いていますし,うちの学校は発達の偏りを持つこどもたちへの対応には力を入れていますから,安心して来てくださいね。ご心配なことがあったらいつでも学校に連絡してください』と言ってくださって。もうそれだけで親としてはすごく安心できました」


…なんてステキな校長先生なんでしょう!

そんなふうに言ってくださる校長先生の存在が,発達障害特性をもつこどもたちの親御さんをどれだけホッとさせてくださることか!


校長先生のお考えが学校全体に大きく影響するのはもちろんわかっているけれど,校長先生が親御さんとどんなふうに関わっていらっしゃるのかを垣間見る機会は普段はあんまりなくて。

こんな嬉しいお話を患者さんのご家族からお聞きしたのは初めてだったので,私のなかにすごく大きなインパクトを与えてくれました。


長い小学校生活のなかでは,もちろんいろんな困難もあるだろうけど,親御さんや先生方など信頼できるおとなの力も借りながら,うまく過ごせたらいいね。

私も楽しみに見守らせていただこうと思います♪


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。