児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本との出会い】「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」

今,この本を読んでいます。

「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」 (光文社新書)

児童精神科医の古荘純一先生がご執筆の本。


自尊感情ということばには,ポジティブな意味もネガティブな意味も含まれているのですが,自分のいいところや悪いところ,得意なことや苦手なこともひっくるめて,自分自身をどう感じているか,ということ。

自尊感情というちゃんとしたことばで考えられてはいなかったけれど,私がこれまでこどもの患者さんとお会いするなかで感じていたことのひとつに「自分のことが好きだと思えていないこどもたちが多いなぁ」という思いがあったので,とても興味を惹かれてこの本を手に取ってみました。


こどもの時期に自尊感情をほどよく高くもつことって本当に大切なことだと思います。

だって,こどもの頃にうまく自尊感情を高めておかないと,おとなになってからほどよく自尊感情を高めていくことはきっと難しいことだと思うから。人生が後ろに進んでいくに連れて,自分のすることの選択は狭まっていくでしょうし(段々進むべき道が絞り込まれていくのだからあたりまえのことですが),周囲からの要求水準も厳しくなっていくでしょうし(たとえば算数が苦手でも走るのが得意なら運動会のリレーで活躍する機会があったりするこども時代と比べると,仕事でミスしたら職場での評価がガタ落ちするなどおとな時代はずっとシビアですよね)。

でも,ここでちょっと難しいなと思うのは,こども時代にその子の自尊感情を決める要素としてまわりのおとなからの評価が重要になってくることなんですよね。
こどもの失敗やつまずきがあったときに,「今回この場面ではうまくいかなかったかもしれないけど,あなたにはこんなステキなところがあるよね」ってメッセージをさりげなく,でもきちんとその子に伝えてくれるおとながいたら,その子は自尊感情をうまく保つことができそうです。
でも,こどもの失敗を厳しく責め立てたり叱りつけたり,そのひとつの失敗がその子の価値や人間性にまで大きく影響するかのような評価を与えたりしてしまったら,そのこどもの自尊感情は低くなってしまうように思います。

ということは,こどもに関わるすべてのおとなたち(おそらくおとなのほとんど全員ですよね)がこどもたちの自尊感情にちゃんと意識を向けながらこどもたちと接する必要があると言うことになるんじゃないのかな,と思うのです。

特に,こどもと関わることを職業とするひとたちと,育児をしている「親御さん」や「保護者」たち。

学校の先生方などと比べたら,私が会うことのできる子どもたちの数は決して多いわけではないけれど,私自身もこどもたちと会うときには自尊感情を大事にした関わりをしていきたいな,と改めて思わされました。
スポンサーサイト

*Comment

共感出来ます。

はじめまして(*^-^*)
児童精神科について検索をしていて、
NINAさんのブログに伺いました。

頑張っておられますね。
子供達の為に、ありがとうございます。
自尊感情の幼少期の育みも、同感です。

短いですが、応援メッセージまで♪。

> マルたんさん

コメントありがとうございます。

自尊感情って本当に大事だな,と今もすごく思います。
自分のことが大事だと思えればこそ,いろいろなことにチャレンジできたり引き際が判断できたりするもの…自分らしく生きていく上ですごく大切なものですよね。

こどもたちのために自分ひとりにできることはとても小さなことだと思いますが,自分にできるめいっぱいのことをこれからも続けていきたいなぁと思います。

応援ありがとうございました♪
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.08/04 17:34分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。