児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こども支援かるた】 苦しさを 打ち明けるのも 大きな進歩


本日のかるた。

苦しさ打ち明けるのも 大きな進歩

【く】



。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+







じつは苦しさを感じているのに,こどもたちはそれをひとりで抱え込んでしまうことがあります。

こんなことをまわりのおとなに相談するのはみっともないとか,自分で解決しろと叱られるとか,相談しても無駄だと思っていることもあるかもしれません。

自分で「相談すべきでないかも」と思い込まないで,思い切って打ち明けてくれたら嬉しいですよね。

だから相談されたときは「よく教えてくれたね」って受け止めてあげたいなと思います。
スポンサーサイト

*Comment

買い物中の出来事

昨日のことです。
いつも地元のちいさなスーパーで買い物をするのですが、
昨日は用があってここ10年くらいで住宅が立ち並び若い世帯の方が多い街のスーパーに行きました。
ちょっとした買い物でも、皆さんきれいにお化粧して、こどもも流行のかわいい服を着て夕食の買い物に来ていました。
多少のギャップを感じながら買い物を済ませ、袋詰めをしていると、背後から大きな声が。
お母さんが子供に向かって「なにやってんだよ!早くしろ!」といい小学1年くらいの女の子に膝でけりを入れていました。
その行動に、周りの人々も顔をむけみんな見ていました。
しかし、その母親は泣きそうな子に向かって
「泣くのか?泣いたら知らないからな!」
と脅すような言葉。
一緒にいた姉妹であろう小6と年中さんくらいの女の子はじっと立ったまんま。その光景を見つめていました。
ふと、お姉ちゃんと私の目が合い、その力のない視線にドキッとしてしまいました。
声をかけようか、それとも・・・と迷っていいる間にその親子は帰ってしまいました。
これが日常で、あの子達がいつもあのようにけられたり罵声を浴びせられているのかと思うと、心が痛んでしまい、何も出来なかった自分が情けないです。
こんな時、どうしてあげたらいいのか?

私にも子供が4人いてつい、イライラして怒ることがあります。
お母さんの気持ちもわかるし、でもやりすぎはよくないし。
あのお姉ちゃんの力のない視線の先に何があるのか、気になってしまいます。
私が住む地元ではありえない光景でした。
  • posted by のんまま
  • URL
  • 2010.06/08 10:07分
  • [Edit]

> のんままさん

コメントありがとうございます。
なんともつらい光景を目撃されたのですね!
たまたま見ているという立場だと,なかなかできることってない…というのが正直なところです。

でも,むしろ公の場でお母さんはそういう行動を取っていらっしゃるので,(その方のご自宅とかを知っているくらい)身近なひとにもお母さんの振るまいが知られているといいなぁ,と思います。ある意味,お母さんのSOSのようにも感じられますから…。

のんままさんのおっしゃっているとおり,きっとそのお母さんはいっぱいいっぱいで余裕がないのだろうと思います。お母さんのしんどさを,お母さんの身近なひとにうまく支えてもらえたらいいですよね。

なんだかあまりお役に立てないお答えで申し訳ありません…。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.06/08 23:55分
  • [Edit]

のんままさん

他人の目があるところで暴力をふるうということは、家庭内ではさらに酷い虐待が行われている可能性があると思います。
子どもに対する明らかな暴力や暴言の現場に居合わせた場合、難しいとは思いますが、その場で子どもたちを保護し、母親を引き留め、警備員を介して警察・児童相談所に通報する、ということも、行動の選択肢の一つに入れておいていただけたらと思います。
どうか、「気がついた人」が動いてください。
  • posted by なあ
  • URL
  • 2010.06/09 02:24分
  • [Edit]

> なあさん

コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。

なあさんの「気がついたひとが動いて」とおっしゃること,とてもよくわかります。

ただ,…のんままさんのコメントを拝見すると普段は立ち寄らないスーパーで一度だけ目撃した光景だったとのことなので,私からのお返事としては前のコメントレスのように書かせていただきました。

「どこの誰だかよくわからないけれど,○○スーパーで何月何日の何時頃子どもに大して暴言・暴力のある母親を見た」という情報では児童相談所は動けないと思うのです。通報を受けてすぐその場に向かっても間に合わないでしょうし,担当職員がすぐ動ける状態にあるとは思えないほど児相スタッフのみなさんはたくさんの虐待ケースを抱えていらっしゃいますし。

そして,一般市民が母親と子ども引き離すことは,勇気をもって引き離そうとしたひとにも,引き離された母子にも心の傷つきを残すおそれがあります。直接母子を引き離すことは一般市民に与えられた権限ではありませんし,それはスーパーの警備員であっても同じことです(流血するようなケンカや,他のお客さんに迷惑の掛かるような暴力行為であれば介入するかもしれませんが…)。

もし,支援職に就いている私自身が普段は立ち寄らないスーパーでこのような光景を見掛けたとしたら…近くにいるお客さんに「あの親子よく見掛けますか?」と尋ねたり,レジ職員や警備員に自分の身分を明かした上でよくあるできごとなのかどうかを確かめてから,目撃した地域ときょうだいの構成などを児相勤務の知人に伝えて「フォロー中の虐待ケースのなかにそういうご家族は?」と問い合わせてみると思います。

虐待が疑える状況を見たひとが,それぞれの立場に応じて無理のない範囲でそれぞれにできることをしようとすることが大切かな,と感じました。

のんままさんがこのブログに「どうしてあげたらいいの?」と書き込んでくださったこと自体がとても意味のあることだと私は思いました。

おふたりとも,ありがとうございました!
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.06/11 01:01分
  • [Edit]

NoTitle

先生、そしてなあさん。
ありがとうございます。
ひとりで色々考えていてもなかなか心の整理がつかなかったので、お話を聞いていただけてうれしかったです。

じつは、あの時とっさに手帳のページをちぎり、「これは虐待というやってはいけないことなんだよ。誰か大人の人に相談するように。あと、もしかしたらお母さんが心の病気かも知れないから助けてあげて。」
と短い文を書いて子供に手渡そうとしたんです。
でも体が固まってしまい、とうとう手渡すことが出来ませんでした。

二度とこんな場面に遭遇したくないですが、もし今度同じようなことがあったら、なにかできそうな気がします。
  • posted by のんまま
  • URL
  • 2010.06/12 17:06分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。