児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がんばっているキミへ】 思い切って違う世界に飛び込んでみる…


本日のつぶやき。


思い切って違う世界に飛び込んでみることは,
予想もつかない経験を自分にもたらしてくれるかも…ね。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



私だけが経験しているわけではないとは思うのですが,高校時代に短期留学にチャレンジする患者さんって結構多いように思います。

この3-4年で,3人の患者さんの旅立ちを見送り,帰国をお迎えしました(診察室で,ですけどね)。


再会してまた話をしてみてしみじみ,本当に成長して戻ってきたなぁ…と感じます。


陳腐なことばかもしれないけど,視野が広がるというか,キャパシティが大きくなるというか,これまでの「その子自身の枠」が取っ払われている感じがあるのです。

これまで絶対に譲れなかったことが許せるようになったり,これまで柔軟に関われなかったひとに優しくなれたり。

「泣いたこともあったけど,思い切って行ってみてよかった。行かせてくれてありがとう」とお家や診察室で親御さんに思いを伝えたりして。


旅立つ前の事情はそれぞれですが,私が担当させてもらった3人のこどもさんたちは全員,高校生活に行き詰まりや難しさを感じていました。

高卒認定試験を全科目済ませて行った子もいれば,休学にして次年度復学した子もいます。

高校でうまくやれない子が外国でがんばれるわけないじゃない!」と反対なさる親御さんもいらっしゃたし,「この子の意思は固いので思いきっていかせてやろうと思います」とむしろ後押しなさる親御さんもいらっしゃったなぁ…と思い出します。


留学してよかった,と思えるような帰国ができるかどうかは,こどもさん本人にも,親御さんにも,もちろん私にもわかりません。

でも,「留学してみようと思う」というお話が出たときには,私の意見は差し挟まないようにしながら内心とてもワクワクして話の成り行きを見守っている自分がいるのも確かだったり(笑)。


留学に限ったことではないけれど,いろんなきっかけを活用して,元気を取り戻してくれたらこんなに嬉しいことはありませんから…ね。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。