児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【養生を考えてみる】 自分を快適にする主体は自分自身,…


本日のつぶやき。


自分を快適にする主体は自分自身,
諦める必要も,誰かに任せっぱなしにする必要もないよね。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



この前から何度か記事に書いていますが,私のあたまのなかでは今も神田橋條治先生フェア好評開催中です。


発達障害は治りますか?発達障害は治りますか?
(2010/05/25)
神田橋 條治

商品詳細を見る


精神科養生のコツ 改訂精神科養生のコツ 改訂
(2009/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る



改めて,本当に教えていただくことのなんと多いことか…。

特に上記2冊を読んで,「養生」というもののありかたについてとても考えさせられました。


医学的エビデンスの乏しい代替療法や,マニアックで奇抜にすら思える判定法などがたくさん紹介されていて,そのすべてを鵜呑みにすることにはちょっと躊躇いがあるし,とても全部真似することなんてできそうにはありません。

でも,先生が本当に伝えたいことは,ひとつひとつのエキセントリックな(?)技法ではないんだろうと思います。


いちばん私の心に残った先生のメッセージは,自分にとって「気持ちいい」を優先して主体的に自分と関わることの大切さ。


「気持ちいい」は主観ですが,「自分が気持ちいいかどうか」を判断するには自分を客観的に観察する必要があります。

不快さを押し殺さずちゃんと自分で気付いてあげること,そして不快さに押し流されず冷静に自分の状態を見極めること。

それは発達障害があってもなくても,精神障害があってもなくても,誰にとってもすごく大事な基本なのだと思います。

「気持ちいい」を味わう主体となり,そして「もっと気持ちよく」なる方法を一歩引いた目線から考える…自分自身と,自分を見ている自分,というふたつのポジションをきちんと持っておくことの重要性を教えてくださっているなぁ,と感じました。


この気付きは,自分の診療姿勢についても,そして自分自身の生活についてもいろんな刺激をもたらしてくれそうです。

いろいろと連想が広がりそうなので,いくつかの記事に分けながらまたこのブログで触れていこうと思います。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。