児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【養生を考えてみる】 1冊の本,その読み方はいろいろ。…


本日のつぶやき。


1冊の本,その読み方はいろいろ。
今の時点で,自分にとって役立つメッセージを受け取れればいいよね♪


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



今日ブログにいただいたコメントがとても嬉しかったので,レスの代わりにこの記事を書いてみようと思います。
(許可もなく取り上げてごめんなさい! > うしさん。でも本当に嬉しかったんです♪)


発達障害は治りますか?」という本はいろいろな読み方ができる本だと私も感じています。

私が読んでみてこの本からいちばん強く感じたメッセージは「専門家よ,怠けるな!」というものでした。

(…もちろんこれは個人的な感想なので,ほかの精神科医や,医師以外の支援職の方,発達障害特性をもつ当事者のかた,ご家族の方はそれぞれの受け止め方をしていらっしゃることと思います。)


発達障害は生まれもった脳の特徴だから治らない,病院に来て治療を受ける意味がない。」

発達障害特性をもつ人を生きづらくさせている社会が悪い」


発達障害の診断を着けておきながら,ご本人の脳のせい,あるいは社会のせいにして専門家としての仕事をしないなんてあってはならないこと。

ご本人やご家族が過ごしやすくなる工夫を一緒に考えたり,ご本人にとっての社会=ご家族や学校や職場など関わりのあるひとたちの一部 との関係調整をしたり,二次障害が生じているならそこに対する支援を行ったり,できることはたくさんあるはず。


そしていちばん大切なことは,希望を持ってもらうこと。

ご本人が自分の特性をよく知って,特に強みを生かすコツをつかんで,苦手をカバーしやすくなるように。

自分は変われるぞ,まんざらでもないじゃん,と実感してもらえるように。

自信を持って,自分を好きだと思いながら過ごせるように。


発達障害特性をもつこどもさんにとっては,療育や遊びのなかで感覚統合が行われたり社会的スキルやコミュニケーションを身につけたりすることが,自分が過ごしやすくなり自信をもつことができる優れた方法なのだと私は思っています。

おとなになってから発達障害特性をもつことで苦しんでいるひとたちは,成長する過程ですでに自分なりの社会との関わりかたを身につけてきている…だから,せっかく身につけた技はこれからも活用しながら,それでも今抱えている苦しみをどう解消したり緩和したりすることができるのかを考える…,

その流れのなかでいろいろな代替療法が紹介されていると考えてよいのかな,と私は受け取りました。


当事者の方やご家族にとっては,代替療法の件は「専門家はまだまだ頼りないから,いろいろな方法が自分に本当に合っているかしっかり見極めてね」というメッセージも含まれているかも知れません。


いずれにしても,あの本は現在行われている療育否定する趣旨で書かれたわけではないだろうと私は思っています。


…まだまだこの本について書きたいことがいろいろあるので,この【養生を考えてみる】シリーズは続けていく予定です♪



スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

NINA先生、こんにちは。
ご多忙中にこのような丁寧なお返事をいただけたことに感激しています。

「その読み方はいろいろ」
本当にその通りですね。
この本に関しては、枝葉にとらわれずに本質を汲み取る
というスタンスが正解なのかも知れません。

それでも、やはり私はこの本の与える影響について懸念しています。
専門家ならば読み取れるメッセージでも、専門知識のない親がこの本を手に取れば?
「治る」という表現を字義通り「完全な治癒」と受け取り、
この本に記された代替療法を発達障害を治す「魔法の杖」だと思いこんでしまう可能性があるからです。
その点においては、「発達障害は治りますか?」というこの本は、
ミスリードを誘う罪作りなタイトルだと個人的に感じています。

もちろん、どのような療法を選択するのかは個人の裁量に任されています。
しかし、児の療育という場面では、最終的な結果を子どもが引き受けることになるのが悩ましいところです。


長々と一個人の感想を書き連ねましたが、
こうした機会を与えてくださったNINA先生に心から感謝申し上げます。
どうぞこれからも精神、発達に課題を持つものに温かい支援をいただけますよう、お願いいたします。
お目汚し、失礼いたしました。
  • posted by うし
  • URL
  • 2010.07/08 10:13分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。