児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【養生を考えてみる】 自分の心が楽になるよう主体的に取り組む…


本日のつぶやき。


自分の心が楽になるよう主体的に取り組む…,
苦しくなったとき自分でアクションが起こせるって大事なことかも。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



今日も,最近のマイブーム「養生」の話。

神田橋先生の本に触発されて,じつは試しにバッチフラワーレメディのボトルを1本買っててみました。

そして,本も1冊購入。

バッチ フラワー BOOK  ?38種 花のエッセンスが心をいやす?バッチ フラワー BOOK ?38種 花のエッセンスが心をいやす?
(2006/10/20)
白石 由利奈

商品詳細を見る


バッチフラワーレメディは薬ではないので,「病気に効く」というわけではないのですが,いろいろな心の状態に合わせて38種類の花にそれぞれ対応するボトルのなかから自分に合ったものを選び,1日4回,1回2滴を目安に服用するというもの。

それってプラセボなんじゃないの?という批判ももちろんあるでしょうし,私自身もいちおう科学者の端くれの端くれくらいのポジションにいる立場として,果たしてその薬理学的作用はどうなのかという疑問をまったく感じないわけではありません。


でも,実際自分で使ったり本を読んでみたりして,これはなかなかいいかも♪という感想をもちました。


まず,自分に合ったボトルを選ぶところ。

この段階で,イライラやモヤモヤといった,自分を圧倒する漠然としたネガティブな感情のことを客観的に振り返る機会を得ます。

自分を苦しめている感情の理由や背景をきちんととらえないと,それに一致するボトルを選ぶことができません。

「あぁ,私は自分に自信がもてていないのだな」とか「そうか,私は誰かに嫉妬心をもちやすいんだな」といった気付きがあって,初めて服用するレメディを決めることができるのです。


そして,自分のネガティブな感情に押しつぶされそうになったときに具体的なアクションを起こすことができること。

イライラしたりモヤモヤしたりしたとき,その感情の渦の中にただただ留まっている必要はなく,「今こそレメディを飲もう」という行動を取ることができます。

スポイトからレメディを滴下したり,レメディを落とした水をゆっくり飲んだりすることで,ネガティブな感情にひと区切りつけることができるのです。

それに,自分が「私の感情にピッタリ!」と思って選んだレメディを服用したわけですから,その作用を期待しながら心を穏やかに保つことができます。

自分でちゃんと対処したぞ,という安心感や達成感を得ることにもなるわけです。


バッチフラワーレメディは,もともとバッチ博士という医師であり学者であった方が,「心が平和であれば,体の健康も保ちやすくなる」という考えに基づいて,心や感情の平温を保つために誰もが簡単に使える害のない自然な療法を提供したいという思いで作り出されたもの。

本来はフラワーエッセンス自体も自分で採取するものなのだそうです。

そしてフラワーエッセンスを使うのに難しい資格試験を受けてライセンスを獲ったり,誰かに大金を納めたりする必要はまったくありません。


自分の心を穏やかに保つために,誰かに頼ったり任せたりするのではなく自分自身が主体的に取り組むというのはまさに「養生」の姿勢ですよね。

もう少し私自身がバッチフラワーレメディについて詳しくなったら,「受診はしてみたけれど,どうしても精神科のお薬に頼りたくない」という患者さんに出会ったときにオススメしてみたいな,と思っているところです…あ,もちろんその方の状態にもよりますけどね。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。