児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こどもの育ちを支えるあなたへ】 こどもの育ちの過程に携わるおとなは…


本日のつぶやき。

こどもの育ちの過程に携わるおとなは責任重大。
やるべきこと,やるべきでないこと…しっかり考えたいな。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+



先日,ある支援職のかたとお話ししていたときのこと…,

「じつは,うちの娘がアスペルガー症候群なんですよ」

と打ち明けられました。


もう大学を卒業し,地元企業にお勤めなのだそうです。


「職場のひとにも恵まれて,仕事は楽しそうにやってます。中学高校の頃は,学校に行くのがつらそうで,でも行かせないわけにもいかないし…とふたりで相談しながら押したり引いたり。でも,どんな心配事を伝えてもがちゃんと聞いてくれるのは本当にありがたかったなぁ」

おふたりで協力して子育てしてこられたんですね。

「発達障害の知識があるからといって,我が子を上手に育てられるとは限らないなぁ,なんて思いました。まぁ,それでもここまできたら,あとは結婚のことが心配なくらいかな。私たちからはうるさく言わないようにしてますけど」


中学高校時代のいろいろなエピソードも聞かせていただいたけれど,やっぱりさすがの対応をしていらっしゃるなぁ…と感心させられるような対応のコツがいっぱいちりばめられていました。

精神科医か臨床心理士のどなたかの著作で「こころの専門家だからといって,育児のプロというわけではない」といった文章を見たことがあるけれど,私もまったく同感。

あたまのなかではいろいろ思っていても,いざそれを我が子に適用できるかと言われたら…ちょっと自信がない(笑)。

でも,両親でその場その場で相談しながらこどもとのかかわりかたを決めていくってすごく大切なことなんだなぁ,と思わされました,

たとえば我が子が反抗期を迎えたとき,私はこの支援職の方みたいにうまくこどもと接することができるかしら…。

育児にせよ,医療にせよ,こどもの育ちにかかわるおとなの責任の重さを噛みしめながら私もがんばりたいな。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。