児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【学校生活】学校の先生との連携。

今日,学校の先生と膝をつき合わせてお話しさせていただく機会がありました。

今診察室に通ってきてくださっているこどもさんのことで,担任の先生と養護教諭の先生がわざわざ私のいる病院まで出向いてくださったのです。


患者さんの学校の先生・スクールカウンセラーや,職場の上司・産業医の先生など,患者さんにとって大切な生活の場で患者さんに深く関わってくださっている方と連携させていただくのが大好きな私。
日頃からものすご?く気軽に電話やメールをさせていただいてます。もちろん,患者さんやご家族のご了承をいただいて,ですが。


自分を卑下するわけではないのですが,精神科医ひとりにできることなんて本当にちっぽけなことだと思うのです。

向精神薬が万能なわけでもないし,悩みを吐露していただけばそれだけで患者さんの悩みがスッキリ解決するのかといえばそういうわけでもないし,結局は患者さんが過ごしていらっしゃる場所で支えてくださっているひと(ご家族は言うに及ばず,ですね)にどれだけご本人の味方になってサポートしていただけるかという部分がとても大きいと感じています。

そう考えると,患者さんにとっての「重要人物」と連携させていただくことは本当に大切だってことですよね。


今日お会いした先生方は私の想像以上に患者さんのことを考えていろいろ気遣おうとしてくださっていて,お話をしながらすごく熱心にメモを取ってくださったり,校長に説明するための文書を作ってほしいと依頼してくださったりしたので,私もついつい熱が入ってしまいました。


お会いした先生が言っておられたことば。

「精神科医という職業のひとに会うこと自体が初めてで…何を話していいか,緊張してしまいました」


…そうですよね。
あまり「精神科医には親しみを感じます」と言ってくださるような先生っていらっしゃらないですし,むしろそれが普通かもしれませんね。


でも,こういうかたちで気軽に協力態勢を作ることができることはすごく大切だと思うし,貴重なことだと思うのです。

もっともっと気軽につながり合えたらいいな,もっと親しみを感じてもらえるような精神科医でありたいな,と思ったできごとでした。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。