児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【精神科一般臨床】うつ状態の患者さん。

今日,初診でうつ状態の成人の患者さんがお見えになりました。

若い患者さんの受診が多い私の外来ではちょっと珍しいことだったりします。


最近の状況をお尋ねしてみると,仕事上のストレスが持続しているなかでちょっとトラブルも起きてしまったこと,家族のなかでもさまざまな変化があり,そちらの疲れや心労も重なってしまったことなどのご事情がみえてきて。

お聞きするからにつらくなって当然という状況なのですが,そんななかでもご自分を責めるようなことばがたくさん聞かれました。

「職場でもみんな同じ大変さを抱えているのに,なぜ自分だけがこんなにつらく感じるのか」
「自分が休んで周りに迷惑を掛けるわけにはいかない,こうして受診するだけでも心配を掛けてしまっているのに」

お話をしていくなかでいろいろと思うことがあったので,私が感じた「つらく感じる原因」とそれへの対処法・治療法として考えられることについて2点お伝えしてみました。


返ってきた反応は,

「…やっぱり(苦笑)」。


ご自分でも受診前にたくさん考えてきてくださっていて,その上でご自分で思いついたこと以外の選択肢を求めて受診されたよう。
私がご提案したことがご自分が予想してこられたことと一致していたので,諦めながら納得するといったご心境だったのかもしれません。


結果的には,お伝えしたふたつの選択肢を両方とも受け容れてくださって。

帰り際,「自分でもそういう取り組みが自分には必要なんじゃないかということが薄々わかってはいたんです。こうやって誰かに背中を押してほしかったんだと思います」と,診察室へ入ってこられたときよりもずいぶん明るい表情でおっしゃられたのが印象的でした。


私はこういう患者さんが大好きです。

「受診すれば医師が何とかしてくれる」というのではなく,ご自分の考えとか予測をしたうえで「念のため医師の意見も聞いてみようじゃないか」と来院してくださるような患者さん。

患者さんと初めてお会いする医師が,ご自分の生活を知り尽くした患者さんがご自身でじっくり考えて思いついた以上のアイデアを簡単に見つけられるわけがありません。

でも一般論として,そんなふうにつらい状況に陥っているのはご自身の責任ではなくて同じ状況に置かれたら誰にでも起こりうることだとか,難しいかもしれないけれどこういう対処法を取る以外に楽になる方法はないんじゃないかとか,他の患者さんを診療している経験から考えられることだったり,患者さんの問題に対する客観的な目線だったりといったものは,たぶん患者さんご本人よりも医師たちに備わっているもの。

それを上手に利用していただけたら,こんなに嬉しいことはありません。


ご自身の専門家としての患者さんご本人と,一般的な知識と経験をもつ専門家としての精神科医…,

この2者でタッグを組むメリットを最大限活用していただけたらいいな,といつも思っています。

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

医師に丸投げしないのは大切ですね。
医師は疾病について客観的な知識を多く持っています。
患者は自分のことだけで主観的ではありますが、自分とは四六時中つきあっているのでそれなりに情報を持っています。
協力したいです。

> にゃんさん

本当におっしゃるとおりで,私たちは一般論や臨床経験上の知識はもっているけれど,患者さんご自身のことについては教えていただかない限り全然わからないんですよね。
自分を楽にするためにご自身に主体的に取り組んでいただけることは本当にありがたいし,むしろ必須だと私は思っています。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.07/23 01:20分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。