児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【学校生活】場面緘黙のこどもたち。

この頃診察室で患者さんたちとお会いしていて感じるのは,緘黙のこどもたちがとても多いということ。

緘黙とは言っても,完全な緘黙ではなくていわゆる「場面緘黙」。

家族の前では普通に話をするのに,学校やお店など家族以外の人と接する場面になるとまったく喋らなくなってしまう…そんなこどもさんが小学生から高校生まで,何人も私の外来に通ってきてくれています。

でもこれまでそんなにたくさん緘黙の患者さんにお会いしたことはなかった(数年間で1,2人という感じ)のに,特にここ1年くらいで緘黙の患者さんの外来受診が急増しているように感じるのですが…全国的にもそうなんでしょうか??


緘黙の患者さんたちは,学校でまわりのこどもさんたちにそれほど迷惑を掛けるわけでもないし,みんなと話をしないだけで勉強とか提出物とかやるべきことはきちんとできていたりするし,つまり先生や生徒たちから見て「困った子」とか「トラブルメーカー」というわけではないことが多いのであまり問題視されていなかったりして。

でも,困っていることすら表現してはくれないけど,緘黙のこどもさん本人はきっと本当はとても苦しいんですよね。


毎日通う学校でも話をせずに過ごしているこどもさんが,月数回ペースでしかお会いできない私にそんな簡単に話をしてくれるわけもないと覚悟しながら,でも何らかの方法でお役に立てたらいいなぁという思いを根気よく伝えつつ,ご家族学校の先生方とも協力しあって治療を進めていきたいな,と思っています。


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle

こんにちは、はじめまして。
熊子も緘黙の患者さんが少なくないという印象でした。
といっても、今は臨床を離れてるので数年前の話なんですが。
緘黙+PDDや常同運動障害が重くて入院している子が
常に5人ぐらいはいたように記憶しています。
NINAさんのブログを拝見していたら、現場が懐かしくなってきちゃったな…。
  • posted by 熊子
  • URL
  • 2009.11/23 09:21分
  • [Edit]

はじめまして!

コメントありがとうございます。
熊子先生,今は臨床を離れて海外にいらっしゃるのでしょうか…うらやましいです。憧れます♪

まだまだ経験の浅い私ですが,患者さんやご家族との出会いのひとつひとつを大切にしながら毎日学ばせていただいているところです。
臨床は本当に奥が深くて魅力的だと思います。もっと究めていきたいなぁ♪

またこのブログにも遊びにいらしてくださいませ。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2009.11/24 00:08分
  • [Edit]

NoTitle

今日だけでめったやたらに多くこちらにコメントを残している私は実はかつて選択的緘黙でした。
(他のエントリーへのコメントで他の病名・障害名もいろいろ挙げていますが、私は精神科領域の疾病のデパートのようです)
話せなくて大変なことはいろいろありましたが、「お手洗いに行きたい」と幼稚園の先生に言えずにクラスメート全員の前でお漏らしをしてしまったこと、恥ずかしさのあまり泣いてしまったらますます先生に責められたことを今でも度々思い出します。
「いつか話せる日がきたら・・・」としょっちゅう夢想し、幼稚園の同級生150名について、顔とフルネームをいつの間にか覚え、交友関係もバッチリ把握していました。

外で話せない分家ではよく話すので、家族には気づかれませんでした。

現在でも「この人にはよく思われたい」と思う人の前で押し黙ってしまいます。
ネットで知り合った人と直接会うと「ネットと違って随分おとなしいね」と言われます。

> にゃんさん

ずいぶん前の記事から丁寧に読んでくださって,感謝です!

話したくても話せない苦しさ,そして話せないことから生じるさまざまな不利益から来る2次的な苦しさ…本当に選択的緘黙に陥っている患者さんはしんどいだろうなぁと想像しています。

ゆっくりでいいから,気持ちをときほぐして楽になっていただくようなお手伝いができればいいなと思いながら関わらせていただいています。
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.07/23 01:34分
  • [Edit]

初めまして。

場面緘黙の治療が出来る病院があるのが羨ましいです(^.^)自分の住んでる福島県内には、場面緘黙に詳しい病院がないので、悩んでも病院行けない状態です(._.)
  • posted by あっきー
  • URL
  • 2010.08/03 15:59分
  • [Edit]

> あっきーさん

コメントありがとうございます。

場面緘黙,本当にしんどいことと思います。

今調べてみましたが,福島県には児童精神科の学会認定医さんもいらっしゃらない(少なくともweb上で名前を公開していらっしゃらない)ようですね。

もしかしたらもう問い合わせをされたりしているのかもしれませんが,福島県精神保健福祉センターというところで,少なくとも思春期のこころの相談は受け付けてもらえるようです(http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/specify/guide.html)。
ここでは医療は受けられないかもしれませんが,受診先などの情報も持っておられる可能性はあります。

もしもご興味がおありでしたら,一度問い合わせや相談をしてみられたらいかがでしょうか。

現在の状況やご自宅からのアクセスなどまったくわからずお返事していますので,とんちんかんなご提案をしてしまっていたらごめんなさい。

またいつでもお気軽に書き込みなどしてくださいね♪
  • posted by NINA
  • URL
  • 2010.08/04 22:49分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。