児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童精神科医として思うこと】私も成長途上。

先日の記事に書いたとおり,私のなかでの新たな課題はちいさなこどもさんたちへの具体的支援策を身につけること。


本来の児童精神科医はちいさなこどもさんたちへうまく手を差し伸べるものなのでしょうけど,私は児童精神科医としてはちょっと異端な生い立ち(?)なので,どちらかというと年齢的におとなに近いこども?こどもに近いおとな(中高生?25歳程度)の患者さんにお会いするほうが慣れているというか馴染みがあるというか,そんな感じのところがあって。

でも,ちいさいこどもたちは得意分野じゃないので診られません,とは絶対に言いたくない。

こんな私のことでも頼りにしてこどもさんと親御さんが来てくださった以上は,得意じゃないなりにも自分できちんとアセスメントをして,本当に自分ひとりで対応できるのか,私にできることはしていきつつもこれから協力・連携するならどこの機関がいいのか。

それとも,できもしないのに自分で抱え込むのは諦めて,お役に立てなかったことをお詫びしたうえで信頼・安心してすべてをお願いできる機関へおつなぎしたほうがいいのか…自分で診察し続けないとしても最低限ここまでの仕事はさせていただきたいと思っています。


そんなわけで,最近読む本は乳幼児健診の本が多くなっていて。


こどもさんの今後の育ちまでまだまだ見通せない時期ではあるけれど,いい加減なアセスメントや具体的展望がないままの「様子を見ましょう」というのでは専門家としてダメなんじゃないかなと思えてきたところ。

様子を見るにしてもじゃあおおよそいつ頃まで様子見すればよいのか,とりあえず今からでも自宅や園で始められそうな,こどもさんに役立つ関わりにはどんなものがあるのか。

そのくらいのことはきちんとお伝えできるようになりたい。


まずは本から得られる知識を身につけて,それから少しずつこどもさんたちと会わせていただきながら経験を重ねていきたいな。

わからないことはわからないと正直に言わせていただきつつ,信頼できる地元の先輩方にも教えを請い自分も勉強を重ねながら,こどもさんたちの育ちに寄り添わせていただけたら嬉しいな,と思っています。


本当に,私自身がまだまだ成長途上です。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。