児童精神科医NINAの休憩室

m3のblogからお引っ越ししました。児童精神科医NINAのblogです。 今は児童も成人も診させていただいている,地方の勤務医です。 日々思ったことを自由に書き留めてみようと思います。 コメント大歓迎! ですが,レスが遅れることがあります。どうぞご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童精神科医として思うこと】受診動機について。

最近,受診してくださるこどもさん自身の受診動機があまり高くないケースが多かったりします。

親御さんがこどもさんのすること・言うことに困っておられて,でもこどもさんはそれを問題じゃないと思っているので受診したがらない…というケースももちろんありますが,そういう場合はこどもさん自身は診察室内でとっても不本意な表情をしておられたり,そもそも受診自体してくださらなくて親御さんだけが相談に来られるというかたちになることもあったりします。


今日書きたいのはそういうケースではなくて。

親御さんにはこどもさんに関する心配事があって,でもこどもさんは親御さんほどはそのことが心配だったり悩みの種だったりするわけではなくて,親御さんの誘いでこどもさんも病院を訪れてくださるけれど,お話を聞いてみると「受診してもしなくてもどっちでもよかった」とおっしゃる,そんなケース。

「親が『受診するよ』って言うから来てみたけど,別にそれほど病院に来たいわけでも来たくないわけでもなくて。親が心配してるのはなんとなくわかるけど,僕としては別に今のままで具合が悪いわけでもないし困ってるわけでもないんです」


病識はないけれど客観的にみて明らかに精神症状がある,ということであればちょっと強引にでも説得して治療する方向にもっていきたいと思うところですが,ご本人がおっしゃるとおりたしかに今の状態がすごくまずいとかおかしいとかいうわけではない場合にはなかなか介入が難しかったりします。

…「病院なんて来たくなかったのにっ!!」とはっきり言ってくださるケースのほうがじつは取り組みやすかったりして(笑)。


たしかに今は比較的上手に過ごすことができていて,今すぐ困ることもないのかもしれない。
それはすごくいいことだけど,でも今のままでずっといるわけにはいかないよね?
長い目で見て,今後どういうふうになっていったらいいと思ってるかな?


そんなことを少しずつ尋ねながら,今大きな困難に悩まされていないことを一緒に喜びつつ今後に向けての目標を見つけていく。

ゆるやかに,根気よく,こどもさんご自身にとって何らかのお力になりたい気持ちを伝えながら話をしていく。

それがいちばんいい方法なのかどうか私自身にも迷いはあるのですが,自分自身が焦らないようにゆっくり寄り添わせていただけたら嬉しいな,と思っています。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

Banners

児童相談所全国共通ダイヤル
平成21年10月より,児童相談所
全国共通ダイヤルが設置されました。

Twitter友達のブログバナーです♪
なかじ母と子ダルさんのオモロDAY

徒然なるわたし・・・と、時々ポワロ。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ここちいいところ

このblogですよ~♪

にっぽん子育て応援団


フォローミー!

ほんだな

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

左サイドメニュー

プロフィール

NINA

Author:NINA
地元のこどもたちの元気な育ちを,ご家族と一緒に応援させていただきたいと思いながら,日々診療に取り組んでいます。
家に帰れば一児の母。「楽しい子育て」を目標に奮闘中です。
趣味は音楽と写真。ピアノを弾きながらこどもと童謡を歌ったり,デジタル一眼レフを携えてお散歩したりするのが私のリラックスタイムです。

最近の記事+コメント

最新トラックバック

カレンダー+アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

オンライン

現在の閲覧者数:

なかのひと

無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。